FC2ブログ


プロフィール

nat

Author:nat
22歳の女子です。
「目指すはガーリー!」なのに、
なぜかグロかったり、悪趣味なものにも惹かれてしまう、 妄想の申し子です。

よろしくお願いしますね。

welcome!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  

最近観た映画

最近、TSUTAYAの半額キャンペーンが毎週のようにあって嬉しい限りです。

ZodiacZodiac
(2007/11/02)
ジェイク・ギレンホール.マーク・ラファロ.ロバート・ダウニーJr.アンソニー・エドワーズ

商品詳細を見る

ジェイク・ギレンホールとマーク・ラファロの共演に惹かれて鑑賞。
デビット・フィンチャー監督作ということですが、わたし的にはあまり…という印象。
終わりのないどよ~んとした暗い印象に疲れてしまいました。そして長い。
ジェイクとマークの眉間に皺寄せた濃いお顔を堪能できたのでまぁ良いか。という感じ。
好きな人は好きなのだろうな。事実に基づいた話という点も興味深い(かった。最初は)
男性特有の執着でもあったのかもしれないな…。
しかし、クロエ・セヴィニーは可愛かったな。
ジェイクとクロエの夫婦役って…!なんか凄い。正反対の2人っていう印象なのに。
映画の中ではしっくりきました。
私生活ではエッジの効いた感性抜群!っていう感じの娘が、
映画で平凡で地味な感じの役を演じているのを見るのが好きだったりします。
なぜだろう…。

ボルベール<帰郷>コレクターズ・エディションボルベール<帰郷>コレクターズ・エディション
(2008/01/01)
ヨアンナ・コバ、ロラ・ドゥエニャス 他

商品詳細を見る

言わずと知れた、アルモドバル監督の作品。
「オール・アバウト・マイ・マザー」「トーク・トゥー・ハー」に続く
女性賛歌3部作の最終作品ということなのですが、
わたしはこのボルベールが一番好きです。
この監督が描く「女性の描き方」ではこの映画が自分には一番しっくり来るからかも。
ろくでもない男たちに、とんでもない目に合わされながら、
それでもしたたかさと愛情を持って生き抜く女たち。
鮮やかな色彩、早口でまくしたてられるスペイン語、強い絆やほとばしる感情…。
女性という生き物をここまで濃密に、そして活き活きと、さらりと描いている点に、
監督の、女性への尊敬と愛情を感じました。
ストーリーはそんな爽やかなものではないのに、鑑賞後は、爽快感さえ感じました。
どんなに辛いことがあっても、化粧をしっかりして、美しい女性として、強い母として生きていく。
そんな主人公を母国語で活き活きと演じるペネロペの色気に惚れ惚れしました。
何かに挫けそうになったとき、もう一度観直したい作品。
きっと励まされ、また頑張る元気をもらえそう。


サン・ジャックへの道サン・ジャックへの道
(2007/09/26)
ミュリエル・ロバン、アルチュス・ド・パンゲルン 他

商品詳細を見る

これも劇場公開していた時期から気になっていたのですが、今頃やっと鑑賞しました。
フランスからスペインへの巡礼ルートをひたすら歩きまくる、これまた訳アリ人々のお話。
所々おとぎ話的な映像が入ったりして、彼らの心理状況を表しているのですが、
あまり違和感はなかったかな…。
時々、くすりと笑えてじんわり胸があったかくなるような映画でした。
「巡礼」という宗教的なベースながら、
ちょっとずつ人生につまずいている大人たちや、アラブ人ながら巡礼に参加している恋する少年や、
お金持ちの冷めた少女たちが、
綺麗な景色の中をひたすら歩きながら、少しずつ癒されていき自分の人生の一歩も踏み出せるようになる…。
そんなシンプルな物語です。しかし、これが逸品。
わたしの中でオススメしたい映画ランキング入りです。
人に優しくするって難しい。人に優しくされるって、嬉しい。
人と向き合うのも、自分と向き合うのも簡単じゃない。
人生において必要で、でも毎日の雑事の中で投げやりに後回しにしてしまうことを、
「歩く」というシンプルな行動の積み重ねの中、見つめなおすことができるのかも。
登場人物たちも最初は小憎たらしかったりするのだけれど、どこか感情移入してしまいました。
とにかく、作中に見れる美しい自然風景だけでも観る価値ありです。


良い映画を観れただけで、とてもその日一日を充実させられた気分になれます。ふふ。
スポンサーサイト
movie... TB(0) CM(2) 

New LogTop LogOld Log

Anouck URL 2008/03/24 23:56 #LAknzZik EDIT
「ボルベール」と「サン・ジャック~」大好きです♩
 でもいつもうまく感動を言葉にできないので、natさんの的確な映画評でスッキリしましたi-264
 これからも楽しみにしてます!

nat URL 2008/03/25 08:58 #- EDIT
>Anouckさん
ありがとうございます!恐れ多いお言葉を…嬉しいです。
感想を残すことで、もう一度自分の感じ方を振り返ることが出来るので、時間が経って読み直しても、
自分で楽しめたりするんですよね。
これからも、足をお運びくださいv-238

COMMENT


PREV PAGE   TOP   NEXT PAGE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。